前へ
次へ

腰痛は腹筋運動よりもストレッチ

腰痛の人は「腹筋が足りないのでは」「腹筋運動をするべき」などと言われてきました。しかし、腹筋運動は腰痛の予防にはなりませんし、腹筋があっても腰が痛くなる人もいます。腰が悪い場合、腹筋運動よりもストレッチをするのが良いようです。また、腰が痛いときに腹筋運動をするとよけいに悪化することもあります。まずは骨板まわりの筋肉をゆるめて歪みを解消するために、開脚しての前屈が効果的です。ヨガマットなどに足を開いて座り、ゆっくりと上体を前へ倒しましょう。もしこれがきつい場合、片足を曲げても構いません。それさえもきつい場合は、ヨガマットの上に仰向けで寝転がるだけでも腰回りのこりが解れます。無理のないように片足ずつを腕で抱え、太ももの後ろを伸ばします。もしヨガマットを使えない職場などなら、足を開いて立って片足ずつ伸ばしましょう。座りっぱなしの仕事だと腰に負担がかかるので、ときどき立ち上がってストレッチするだけでも楽になります。

Page Top