前へ
次へ

硬すぎや柔らかすぎマットレスでの腰痛悪化とは

平等に与えられている人間の1日の時間は24時間であり、8時間を睡眠時間にあてる計算だと、1日のうちで布団の上で過ごす時間はおよそ3分の1にもなります。夜はふかふかのお布団で疲れを癒すためにも気持ちよく眠りたいですし、布団が自分に合っていれば疲労感もリセットできて目覚めも快適です。反対にマットレスが自分に合っていないと、腰痛になったり症状を悪化させることがあります。例えば腰痛をひどくしてしまうタイプとして、高反発などの明らかに硬すぎるようなマットレス、反対に低反発で柔らかすぎるマットレスもその可能性を含むタイプです。腰には背骨のカーブがありますが、高反発は硬すぎることからその部分に強い負担をかけます。いっそのこと硬い床や畳の上に、シーツを敷き眠るのが腰の痛み対策になると言われるほどです。実際には背骨に対して、そうした環境はブリッジ状態なので負担は大きくなります。柔らかすぎは腰の負担は軽減するものの、寝ている時に姿勢を変えた際腰にはねじる負担がかかるので要注意です。

Page Top