前へ
次へ

腰痛の原因となるぎっくり腰とは

腰痛の原因となるものに、ぎっくり腰と言われるものがあります。多くは重たいものを持ち上げた時に起こる症状と言われますが、くしゃみをしただけでぎっくり腰になってしまったとか軽くお辞儀をしただけでも動けなくなったと言う場合も出ることもあります。特に一度、このぎっくり腰を経験すると慢性化することもあり、再度繰り返す場合も多くありますので、うっかりした行動や動作には注意が必要になります。またぎっくり腰を起こした時には、しばらく安静にしていることです。時間が経つことで痛みも和らぐことが多く、その後は病院で診察を受けると良いでしょう。このぎっくり腰と言う腰痛の原因はハッキリと判っていないと言われ、椎間板ヘルニアなどの症状を持っている人がなりやすいとも言われます。そのためぎっくり腰になった場合、治療院や整体、マッサージを受ける前に整形外科へ行き診察を受けることが良い方法です。骨や神経などの異常がある場合、整体やカイロプラクティックでの治療は悪化させる原因にもなる恐れがあるからです。

Page Top