前へ
次へ

ヨガが原因で腰痛に、ヨガの誤った考えかも

初めてヨガを始められた人の中には、その日の出来事が原因で、腰痛を引き起こしている人もいるかもしれません。普段の姿勢は、悪い姿勢であっても、それに合わせて筋肉が発達します。ヨガによって、普段慣れていない姿勢は、普段扱われていない筋肉が扱われ始める中で、腰痛を引き起こしている場合もあるのです。ヨガには、様々なポーズがありますが、2つの考え方があります。一つは、本来あるべき身体の姿勢を整え、体を健康体へ導く内容です。もう一つは、敢えて、アンバランスな姿勢を作り出し、バランスに対する意識を高める目的が挙げられます。初めての方が、コントロールする力がない中で後者の方を行えば、体に大きな負担を与え、腰痛を引き起こしてしまうでしょう。ヨガには、腰の痛みを緩和してくれる様なポーズもあります。それでも改善されない場合は、専門家に足を運び、治療を試みてから改善した中で始められていくのも大切です。腰痛を抱えたまま、ヨガを行うと、力のバランスを失い、様々な場所に悪い影響を与えてしまう可能性もあります。

Page Top