前へ
次へ

腰痛が起きやすくなる状態は、その内訳について

私達人は、二足歩行する生き物として、直立に姿勢が保たれる様な肉体構造になっています。その状態からずれると、腰に負担が集まりやすくなり、腰痛の原因にもなってしまうのです。例えば、現在デスクワークが増えていますが、手を前方に伸ばしキーボードを打つ状態で行うでしょう。どうしても、前かがみになってしまい、腰に負担が現れやすくなります。荷物を運ぶ仕事を行っている人も同じく、前方に重たい荷物を持つと、前に重さが集まり支えるための腰に負担が高まってしまうでしょう。これも腰痛の原因であり、意識的に背筋を伸ばさなければなりません。もちろん、妊婦や、育児で子供を抱く場合も、腰痛になる可能性があり、体の負担について意識を持つ必要性もあります。私達の体は、筋肉が、様々な臓器や骨などを支えています。腰が痛くなる原因には、運動不足や筋肉の衰えから起きる場合もよくあります。現代人の文明は、筋肉を使わず楽になる様に発展してきました。そのため、腰が痛くなる人々も増えやすく、社会全体で省みる時期に来いるとも言えるでしょう。

Page Top